香典返し・茶の子、満中陰志、法要引出物、初盆志

冠婚葬祭しきたりとマナー(仏事 関連記事)

香典返しについて

香典返しは半額を目安に

一般的に「半返し」とし「いただいた香典の半額」が目安です
香典返しは「忌明けの挨拶状」とともに品物を贈るのが一般的です
「仏式では忌明けとなる四十九日の法要」をめどに「神式では五十日祭」「キリスト教では1ヶ月後の召天記念日のミサの後」に贈ります
会葬者への感謝の気持ちを伝えるため「香典返しの品を注文するときに挨拶状も一緒に入れてもらうよう手配」されるとよいでしょう
香典返しの品には「奉書紙や半紙などのかけ紙」に弔事用の水引を結びます

各宗派共通:御霊前 仏式お悔やみ:御香典 法要:御仏前 世話人などへのお礼:御礼 仏式のお礼など:お布施 各宗教共通の御礼:志 神式:御神饌料/御玉串料/御榊料 神官へのお礼:御神饌/御礼 キリスト教式のお悔やみ:御花料 神父や牧師へのお礼:御礼

「弔事の豆知識」即返しについて

弔問にこられる方は「突然の訃報に予定を変更し新札をさけて御香典を持参」されます
それに対して喪主が「あたかも事前に用意していたかのような香典のお返し」を行うことは失礼なことと言えますので避けたいものです
また複数の方の香典を預かり持参された方には「複数の香典返し」をお渡しすることになります「多くの返しを持って帰られる苦労」と「さらにそれを配ってまわる労力」 それをわざわざお越し頂いた方へさせてしまうのは大変失礼で避けたいことでです

香典返しにふさわしい品々

仏事にふさわしくない品々
「松竹梅や鶴亀のつくもの」「紅白の組み合せ」「鯛」「昆布」「かつおぶし」などの慶事を連想させる品々

挨拶状

挨拶状は商品代金税込33,000円以上(割引後)お買上げの方にご注文の品の数を無料でお付けします。 税込33,000円未満の方につきましては、版代3300円(税込)+10枚ごとに550円(税込)にて承ります。 ※お買上げ金額が33,000円未満(割引後)の方は有料になります。 ※送料は含みません。

挨拶状の種類とタイプ

巻紙タイプとカードタイプの2種類をご用意しております。

挨拶状文例

挨拶状見本:【仏式】(戒名無)仏12
挨拶状見本:【仏式】(戒名無)仏12
  • (1)喪主名
  • (2)俗名:故人のお名前
  • (3)続柄:喪主様と故人様の続柄 ※例:亡父
  • (7)法要の種類:満中陰 四十九日忌・〇日忌・ 〇日 等
  • (8)例:令和二年 九月

全て薄墨での印刷となります
ご注文後「挨拶状見本を作成してメールでお送りします」ご確認後に手配致しますのでご安心ください
仏式で「女性が喪主の場合」は頭語は「拝啓」⇒「謹んで申し上げます」に致します
挨拶状は「法要の前に香典返しをされる時には未来形」「法要後の場合には過去形」でご用意致します (例:【未来】法要を営むこととなりました)(例:【過去】法要を営みました)

掛紙、表書き

茶の子、香典返しの掛紙(表書き)

全て薄墨での印刷となります。

■志(水引あり)仏式で最も一般的に使用されます。 ■満中陰志仏式で西日本で使用されることが多いようです。 ■忌明志京都方面で使用されることが多いようです。 ■茶の子広島や大分などで使用されることが多いようです。 ■粗供養仏式で弔事全般に使用します。 ■偲草神式・キリスト教等で使用します。 ■志(水引なし)神式・キリスト教等で使用します。

法要・回忌の品の掛紙(表書き)

全て薄墨での印刷となります。

満中陰志/香典返し/法要引出物の包装紙

※ご自宅・ご実家送りの場合でご希望があれば「商品名」がわかるよう付箋をお付けします

香典の表書きと包み方について

不祝儀袋は包む金額に応じた体裁のものを選びます
水引きの基本は「黒白・双銀・黒銀の結び切り」で「熨斗(のし)」は付けません
包みに「蓮の花の模様がある場合は仏式専用」「キリスト教では十字架と百合の花の模様の包みか白い封筒」が一般的ですが最近は水引きが用いられることもあります

「弔事の豆知識」香典の表書きは?
仏式では黒白の水引きの金封に「御香奠(ごこうでん)」と書いてお持ちします 「御霊前」はどの宗教にも使えますので「相手の宗教がわからない場合」は無難です