二月の行事

この記事は2018年01月29日にRCCラジオ「平成ラヂオバラエティごぜん様さま」の人気コーナー「人生の知恵袋~冠婚葬祭篇(進物の大進提供)」にて放送した内容をまとめてお届けいたします。

2月の行事・・・まず思いつくのは節分ですね。


節分のイメージ(恵方まき)立春の前日、2月3日が節分です。夜には「福は内、鬼は外」と言いながら、鬼の嫌いな豆をまきます。
節分の「豆」は魔を滅っする(魔滅)という字があてられ、鬼が象徴する「病気」や「災難」を防ぐと考えられているんです。自分の年齢よりも豆をひとつ多く食べて、来年までの無病息災を祈ります。



節分といえば、恵方巻きを食べますよね?


江戸時代の後期に「巻き寿司」が誕生し、その年の恵方に向って巻き寿司を食べる「恵方巻き」の風習が生まれました。恵方とはその年の福徳を司る神「歳徳神(としとくじん)」のいる方位で、年によって異なり、今年は「南南東」にあたります。恵方巻きの作り方や食べ方はいろいろな説があります。
「七福神にちなんで七種類の具を巻き込む」「縁を切らないため包丁を入れずに丸ごとかぶりつく」「福が逃げるので無言で食べる」などの決まりごとが後からつき、風習になったと考えられます。



2月の行事、他にどのような行事がありますか?


お稲荷様の縁日の初午(はつうま)があります。初午とは、2月最初の午の日で、今年は2月7日ですが、この日はお赤飯をたいて食べます。京都の伏見稲荷大社の神が降りた日とされています。お稲荷様はキツネの背中に乗ってやってくると言われていますが、稲荷は「稲生り(いねなり)」にも通じ、農業の神様、水田の守護神です。作物の豊かな実りは国の繁栄にも結びつくため、お稲荷様は「開運」の神としても祀られています。



いろいろありますね。他には何がありますか?


2月8日は「針供養の日」です。折れた針をやわらかい豆腐やこんにゃくに針を刺して供養し、裁縫の上達を祈願します。



2月はバレンタインデーもありますね?


いろいろな所で、かわいいチョコや、美味しそうなチョコを見かけますね。世界各地で「男女の愛の誓いの日」とされているバレンタインデーですが、日本では1970年代に定着したそうです。ご存知、女性が男性に愛を込めてチョコレートを贈る習慣ですが、贈り物をチョコレートに限っているは日本独特です。また「義理チョコ」や「友チョコ」「自己チョコ」なども日本独特のようですよ。文化や風習はいろいろ生まれるものなのですね。

この記事は2018年01月29日にRCCラジオ「平成ラヂオバラエティごぜん様さま」の人気コーナー「人生の知恵袋~冠婚葬祭篇(進物の大進提供)」にて放送した内容をまとめたものです。 記事内容は放送当時の世相を反映した内容であり、閲覧されている現在では大進のサービス内容などが異なる場合がございます。予めご了承ください。