結納品と結納飾りのご相談なら、大進ブライダルサロンへ

結納品と結納飾り

目録は結納の品目を書いた明細(書)のようなもの。逆に受書は、納められた結納を「確かに受け取りました」という受領書になります。
古来、結納品は現物の受け渡しをしていましたが、現在は水引細工がほどこされた品々のセットになっています。
基本は熨斗(鶴)、寿栄廣(亀)、御帯(松)、家内喜多留(竹)、松魚(梅)の五品が基本ですが、最近ではほとんどの場合、婚約指輪(結美和)をつけますので、それにもう一品(高砂か友白髪)を加え、七品の奇数セットにします。九品の場合は、さらに寿留女、子生婦を加えます。

 

結納品

結納9点セット

結納7点セット

結納7点セット

文庫箱結納セット

 

宝金セット

広蓋婚約
宝金セット

別売大風呂敷/4巾(128㎝角) ※ふくさは別売です