ブライダル

この記事は2019年07月29日にRCCラジオ「平成ラヂオバラエティごぜん様さま」の人気コーナー「人生の知恵袋~冠婚葬祭篇(進物の大進提供)」にて放送した内容をまとめてお届けいたします。

披露宴会場に行くと、まずウェルカムボードがありますよね?


ウェルカムオブジェクト イメージウェルカムボードは、結婚式の演出にはかかせないアイテムで、披露宴会場に行けば必ずあるもの・・・というくらい定番になっていますよね?今でこそ結婚式のイメージが強いウェルカムボードですが、
もともとは江戸時代の銭湯の看板に手書きで「いらっしゃいませ」と書いたものや駄洒落がきいたものが 始まりだそうです。ウェルカムボードは、お店がお客様を歓迎するために用いたものでした。



銭湯(せんとう)が始まりだったのですね。


そうなんですよ。結婚の披露宴で使われるようになったのは、1990年代頃からで、ウェルカムボードは比較的新しい習慣です。
もともとは、「進物家 大進家 ご両家結婚披露宴会場」と書かれたもので、案内板の役割をはたしていました。その後、レストランウェディング、ハウスウェディングなどの新しいウェディングスタイルが登場し、新郎新婦の個性をアピールしたウェルカムボードが誕生しました。現在では、ウェルカムボードは当日忙しくてゲストの皆様をお迎えできない新郎新婦から「ようこそいらっしゃいました!」という歓迎の気持ちを伝えるものとなっています。



今度「大進ブライダルサロン」で「DIYのフェア」を実施されるそうですね?


はい。DIYはDO IT YOUR SELF の略で、直訳すると『自分自身でやる」という意味です。
最近のウェディングでは新郎新婦が自分達で招待状やウェルカムボード、ウェルカムオブジェなどを作成することが流行っています。心をこめて、作成したアイテムでゲストをおもてなしする。という想いがあります。



手作りとなると、もちろん心はこもっていますが、時間とアイディアが大変そうですよね。


そうですよね。やはり、「DIYでおもてなしはしたいけど、具体的にどのように準備したらよいですか?」とのご質問を多く受けるようになりました。
そこで、大進ブライダルサロンでは、8/17(土)11:00-12:30 ワークショップ「Wedding Dollhouse in Avatar」を実施いたします。
お2人の写真・同じポーズのものを3枚プリントアウトしてご持参いただき、参加費1500円にて、オリジナルのウェルカムオブジェが作成できます。この参加費にはドールハウスの木枠、背景、
かわいいアイテムが全て入っており、とてもお徳です。当日は、ドールハウス以外のDIY相談もOKです。完全予約制ですので、お早めに大進ブライダルサロンまでご予約をお願いいたします。



完成したウェルカムオブジェがありますが、かわいいですよね。この細かいアイテムすべて込みで
1500円は本当にお値打ちですよね。またアバターの意味はこのお2人の写真のことですか?


はい。アバターの直訳は自分自身の「化身」となりますが、「3D」の意味もあります。この3枚の写真が3Dを表現でき、空間の奥行きとかわいらしさを前面に押し出していると思います。個人的には「ドールハウス アバター」の響きも気に入っています。実際のドールハウスは大進ブライダルサロンのHPから見ていただけますので、どうぞ、ご覧くださいませ。
大進ブライダルサロン 広島サロンはこちらから

この記事は2019年07月29日にRCCラジオ「平成ラヂオバラエティごぜん様さま」の人気コーナー「人生の知恵袋~冠婚葬祭篇(進物の大進提供)」にて放送した内容をまとめたものです。 記事内容は放送当時の世相を反映した内容であり、閲覧されている現在では大進のサービス内容などが異なる場合がございます。予めご了承ください。